店舗向け先行販売

店舗様限定で、マーダーミステリー「零に誠」を先行販売いたします。

GM要不要:基本GM不要
プレイ人数:5人用
プレイ時間:90分(総時間150分ほど)
プレイ難度:初心者~中級者

  • 公演3回分パッケージ:10,560円(税込)+送料 1,000円
  • 公演5回分パッケージ:17,600円(税込)+送料 1,000円

こちらは店舗様向けの先行販売商品となります。店舗をお持ちでない方はご購入できませんので、ご了承ください。

先行公演店舗様

内容物

  • BOX 1箱
  • 各種カード 36枚
  • キャラクター紹介シート 1枚
  • 進行用冊子 3冊
  • キャラクターシナリオ冊子 ×回数分
  • A5衝立用データ(店舗向けのみ)

スケジュール

・10月26日(予定)
 店舗向け先行公演用パッケージ発送

・11月25日(予定)
 一般向販売開始

※先行公演期間は1ヶ月を予定しております。
※もちろん、先行期間後も公演していただいて構いません
※スケジュールは前後する可能性がございますが、先行公演期間は必ず1ヶ月期間を置きます

STORY

刻は幕末

尊王攘夷・倒幕運動の志士が集う京の町は、過激な思想を持つ者たちの暴力が横行し混沌としていた。一般の町人をも巻き込み、夜が明ければ死体の転がっていない日は無いという有様。これを憂いた幕府は、京の町の治安を守るため「京都見廻組」と「浪士組」を結成し、京の町の護衛にあたらせた。その後、浪士組は八月十八日の政変の警護で評価され「新選組」と改名する。隊士の意気も揚々。ここから新選組の華々しい活躍が始まると思われたが……智謀策謀の渦巻く時代の中で、決して順風満帆とは行かなかった。

一番の足枷となったのは、新選組の存在が市中に広まり過ぎたことだった。町人の協力が得られるため、それ自体は決して悪いことでは無かったが、言ってしまえば「汚れ仕事」がし難くなった。表向きは町人に愛される好々爺でも、裏では倒幕運動をしていたり、人を殺していたりといった者も多い。しかし、そのような人物を表立って粛清するには新選組は人気が出過ぎたのだ。

そこで、局長の近藤勇は、暗部である「零番隊」を結成した。仕事は主に暗殺。零番隊の存在は表に出さず、隊士は普段、町人として暮らし、標的の情報を収集していた。

黒く塗られた狐の面に、
滲む血染めのだんだら羽織

月の明かりが背中を照らせば
「逆さ誠」の文字浮かぶ

時は慶応二年
知られざる新選組「零番隊」の活躍と悲劇の物語が今ここに始まる

■企画・制作・ロゴ・シナリオ
かわぐちまさし(ディアシュピール)

■キャラクター&メインビジュアル
shoyu

■イラストレーターコーディネイト
田中いつか(キュービック)

■スペシャルサンクス
テストプレイに参加していただいた全ての皆様

購入のお申込み

内容を確認し次第、お支払いのメールを送らせていただきます。
(2日程度返信メールが届かない場合は、再度ご連絡ください)

商品タイプ※必須

3公演分セット5公演分セット

氏名 ※必須
会社名 
店舗名 ※必須
店舗HPアドレス ※必須
郵便番号 ※必須
送付先住所 ※必須
メールアドレス ※必須
電話番号 ※必須
備考 ※必須

送信は一度だけクリックしてください。

©DEAR SPIELE Inc.